×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



大井川鐵道 本線A(金谷〜代官町)
金谷〜

↑大井川鐵線 本線@ 金谷へ



「金谷駅」を出発する。



『JR線』よりも高度を下げ、単線で進んでいく。



『JR線』は高い位置に位置している。



すぐにカーブを描き、『大井川鐵道』は北上する。







「金谷駅」とはそれほど離れない場所に、
「新金谷駅」はある。



さまざまな列車やSL用車両などが置かれており、
「新金谷駅」はある。


新金谷
1面2線

1面2線ではあるものの、
車両留置が行われているため、
そこはかとなく広く見える駅。

SLの停車駅であり、『大井川鐵道』の車両基地が併設されている。
SL急行に乗る乗客の中でも、
バスツアー客はこの「新金谷駅」から乗る。







『JR』や都会の方ではまるで見る事ができない、
SL用の旧型客車。
「新金谷駅」ではそれをじっくりと観察できる。




ホームの向こう側には、“かわね路号”の車両がある。




駅舎は向こう側にある。
列車の本数が少ないためか、
列車が到着すると、駅員がわざわざ出てきてくれる。








広がっていた車両基地の線路が一気に一本にまとまり、
再び単線になる。



住宅地の中を、単線が進んでいく。







周囲の草木が線路内にまで入り込みだしている。


代官町
1面1線

待合室だけを備えた小さな無人駅。
『大井川鐵道』では結構このような駅が多い。




ミラーと自動販売機、
草木に埋もれたベンチがあることが分かる。








踏切を渡って、列車は進んでいく。


大井川鐵道 本線B(代官町〜神尾)
大井川鐵道 本線B(代官町〜神尾)

トップへ
トップへ
戻る
戻る